記事一覧

次回車旅の飲料水は市販品で!

これまでの車旅では、北海道では湧き水を汲み、それ以外だとイオングループ(四国ではマルナカ)で無料給水していた。
 
道外でも湧水を求めてウロウロしていた時期もあるが、探す時間的なロスから イオングループで給水するようになった。
 
そのイオングループも、イオン直営店では給水できなくなり、マックスバリュなどの給水機が替わって 手持ちのイオン専用ボトルでは給水できなくなった店舗が年月と共に増えた。
 
今後は、北海道以外は市販2L水を買うことにする。スーパーで購入すれば、2L水は1本100円しない。(先日、ご近所のスーパーで2L水6本で350円……58円/本が有った。)
 
北海道では、湧き水が汲める場所は多数あるので、今後も湧き水を利用するつもり。
 
 
自宅でも、近くで湧き水が汲めるので、定期的に水を汲みに行っている。持ち運びや日々の利用がし易いよう、2Lボトルを再利用している。最近の柔らかいボトルよりも、少し硬めのボトルの方が使い易い。
 
汲んできた湧き水は、生で飲むし、コーヒーやお茶や炊飯などで利用している。
 
 
次回旅から市販の2L水を買うことを前提に、先日に2L水×6本を通販購入した。消費後は自宅で湧き水を汲むのに流用することを考え、敢えて硬いボトルを選んだ。
Diary1336-202209-01_R.jpg
 
車旅とは関係なく、1Lボトルが欲しくて 以前に1L水×12本を購入したが、消費しないまま残っている。この1Lボトルは角形で、高さも低いので冷蔵庫にも入れ易い。無論、新しいPacificool冷蔵庫内に入る。欠点は、やや割高なことかな(^^ゞ
Diary1336-202209-02_R.jpg
 
以前に購入したボトル水の内、 2L×1本と1L×2本は 未開封のまま残っている。1Lボトルの水は丸型で何本も並べると場所を取るので、もう丸型ボトルは買わない。
Diary1336-202209-03_R.jpg
 
2Lボトルの水は、湧き水でも市販品でも 一旦 角型1Lボトルに入れてから消費している。角型1Lボトルの方が車内では使い易いし、冷蔵庫にも入る。
 
 
消費すれば 旅先で新たな水を購入することになるが、その時は柔らかいボトルを選び、消費すれば潰して廃棄する。
 
現有の硬いボトル水は、次回旅に限って消費後も保管する。次回旅は行き先も定まらず、ドライブが主になりそうだし、キャンプ用品(タープ/折りたたみテーブル/折りたたみ椅子など)は持って行かないつもりで、そのエリアに使用済み2Lボトルを保管することが可能。
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

気旅

Author:気旅

 
離職後の 2014年6月から、気ままに車中泊旅を楽しんできた。第二幕移行に伴い、FC2ブログに引越ししたのは 2018年12月。それ以前のブログ記事については、姉妹館の 気ままな車中泊一人旅 を参照願います。

検索フォーム

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -